侮っていた娘の実力!? あと、作ったもの。

子供たち

何故にか片付けが進んでいません。

なんか夫がごそごそし出してます。
が、どうなるのか私にはまだ分かりかねます。

娘の成長記!?

さて、
娘も年中となり楽しくこども園に行っているようです。

去年はそれこそすぐに泣いていました。
性格的なものなのでそうそう変わることはないだろうと思っています。

あまり自己主張を(自宅以外で)するのが得意ではないので、
担任の先生に慣れるのも時間がかかるだろうなと思って。

いました。
が。

切り替えができている

今日お迎えの時先生と少し話ができました。

「去年はすぐ泣いちゃったって聞いていたんですけれど……」
からはじまり。

やっぱりくじけて泣いてしまうことが多いそうです。
こればっかりは性格なので地道に成長するしかなさそうです。

プリキュアごっこをしたいと言い出しはじめたのは良かったが、
自分は捕まるつもりがなかったのに捕まってしまった。

泣き出した~。

――少々面倒くさい子ではあります。
(娘よ、ゴメン)

泣いちゃったものの、すぐに切り替えてまた遊びだしたそうです。

「結構切り替え早いですよー」
と先生は言ってくれました。

家だと泣き出すとこれでもか!
って位ワーワーするんですけれどね~。
やっぱりちゃんと外と家で使い分けているわけですね。

すぐに切り替えができるのなら、
泣けてしまうのも少しずつ減っていくかな……と思いたいです。
なかなかケロリとした性格にはなれないでしょうが、
徐々に強くなっていってくれたら助かるかな、と。

正直自分も泣き虫だったので、
余計に娘を見ているのが歯がゆかったりもします。
でもこれは娘の問題で彼女自身が考えていくことだと思うので、
私はなるべく見守りに徹するつもりです。

助けてくれ~と言われたら全力で助けますけれどね。

ちゃんとできている!

後、自己主張の件ですが。

先生が言うには、
「あれがやりたい、こうしたい、ってちゃんと言いますよ」
だそうです。

……え、そうなの??

去年はうまく言えなかったりそのせいで泣いちゃったりしていたんですけれど。

「しっかり言ってくれるので問題ないです。大丈夫ですよ!」
ですって。

……ほ、本当に!?

私が素で驚いた瞬間でした。

担任の先生はまだ五日目だし、
見たことない先生だったし絶対に慣れるのに時間がかかる、
って思いこんでいました。

そういえば、
教育実習の先生とかすぐに仲良くなってたっけ。。。

 

なんだか私自身が、
上手くいかないだろう、
すぐに慣れないだろう、
って勝手に決めつけていたんだな……と。

猛省です。

もっと娘のことを信じるというか自信をもっていいんだと思います。
娘、本当に良い子だよ。
侮っててごめんよ。
大好きさ~。

余談

先日娘が言ったこと。

「父ちゃんと母ちゃんがいなくなっても、
弟と一緒に頑張って生きていくからね」

……いや、私も夫もそうすぐにいなくならない(予定)ですぞ。

料理ができないと困るから練習する。
まずは玉子料理が作れるようになりたい。

だそうで。

いや、まあ、うん。
いいんだけれど。

残念ながら多分、弟ともいずれ別れて暮らすようになると思うよ。
なんかもう、
すっごく”弟の世話を焼いてウザがられる姉の図“、
がありありと見えるのですが……。

私には妹がいますが、
小さい頃にこんなこと思ったことなかったよ。

どこで覚えてくるんでしょうねぇ。

作ってみた

スカートを作れと娘が言うので作りました。

難しいものは無理なので、
筒状に縫ってゴムを通しただけです~。

そのままだと少し寂しいので、
ポケットにレースのリボンをくっつけました。

これ位だと一日でできるので楽でいいですね。

娘がはくとこんな感じです。

もう少し短くても良かったかも。
でも長く着られるかもしれないのでま、いっか。

本人が喜んでくれたのが幸いです。

 

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました