“友達”と遊ぶ楽しさを知った息子。そして母も助かる。

子供たち

傘が壊れました。

……というか、壊しました。

ジャンプ傘ではなく手開きだったのですが、
ぐいっと開いた瞬間、
傘の上部に食い込み変形し、
閉じることができなくなり開きっぱなしという。。。

もう本当、どうしたもんだろうか!!

上部の骨が変形してしまったので、
さすことも困難になってしまいました。

結構気に入ってたのにな~ショックです。
はあ、ガッカリ。

友達と遊ぶのは楽しいこと

今日、こども園に娘を送って帰り道。
同級生の子のお母さんと下の子(A君)と一緒になり、
道草くいながら歩いていました。

A君は息子の同級生です。

そしたら、
たまに散歩中に会うおばあちゃんと孫君(B君)に会いました。

B君は息子の一つ下の学年になります。

同じような年の皆男の子なので、
これからもよろしくねなんて話していたら、
おばあちゃんが
「せっかくだから家で遊んで行ってね」
とまさかのご招待

え、いいの?
と思いつつお邪魔しました。

外遊びに夢中

いや~、結構広いお家です。

いつも散歩中に会うので気付かなかったのですが、
我が家から100mも離れてない場所じゃないですか!

すぐ近くでびっくりしました。

B君のお母さんも出て来てくれて、
三人で一緒に遊びました。

乗用の車を出してくれたのですが、
まー皆乗り物大好きなようで。

それはもう楽しそうに乗り回していました。

B君は人見知りで最初は玄関に入ってしまって鍵までかけようとしていましたが、
(そんなところも可愛い~)
少しずつ慣れたようで一緒に遊べました。

A君はぐいぐい来る子であれこれ大人も巻き込んで遊び、
息子は相変わらずのマイペースでひたすら車に乗っていました。

まだ2歳前後ですので、
“一緒に遊ぶ”というよりは、
一緒の空間にいて何となく遊んでいる“感じです。

でも、
こういうなんとなく一緒に遊ぶ、というのが
とても刺激になるんだろうなと思います。

家にない玩具に興奮ぎみで、
こども園に行ったらこんな感じなのかな、と
来年が少し待ち遠しくなる位でした。

何処も同じ?

さて、
B君のお兄ちゃんは今年からこども園に入園したとのこと。
年少さんですね。

お母さんが、
行きたくないって毎日泣いて大変
と言っていました。

毎朝行きたくないのをあの手この手で連れ出し、
抱っこなら行くというので毎日抱っこして登園しているとのこと。

 

嗚呼まるで去年の娘を見ているようだわ。

家の娘も最初は泣いてばかりで心配でしたよ。
引き剥がして先生に預けても、
後ろでものすごく泣いているのが聞こえると心が痛かったです。

もうね、すごく気持ちが分かりました

だからこそ、大丈夫だよと言えました。

慣れる時間はその子によるけれど、
絶対に今のままじゃないです。

ものすごく泣いて泣いて大変だった娘も、
今では門の所で行ってきますと元気よく走って行きます。

今は大変かもしれないけれど、
少しずつ慣れていけば楽しいことも見つかると思います。

子供の順応力って本当にすごいですもん。
私は本当にそれを実感しています。

人との繋がりは有難い

気が付けば二時間以上遊んでいました。

児童館だと小さい子がいたりすると、
ぶつからないようにとか気を遣うことが多いので、
同じくらいの子と遊べるのは嬉しいことです。

母たちも話が出来てストレス解消になりましたし、
何より近くに遊び友達ができるのは有難いです。

おばあちゃんが誘ってくれて本当に良かったです。

すっかりお邪魔してしまいましたが、
また遊ぼうねと帰りました。

 

かなり全力で遊んだようで、
昼食後、息子はがっつり昼寝してくれました。

後で聞いたら、A君もご飯食べながら寝ちゃったそうです。

沢山遊べて本当に今日は楽しかったです。

 

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました