【こども園の方針】自分で考え行動する。主体性を持って生きる為にできること。について考えてみる。

子供たち

今朝、こども園の門の所で姪っ子に会いました。

娘と手を繋いで教室へ行くのを見送っていると、
園長先生が、
「双子ちゃんみたいだね」
と笑っていました。

自分自身で考え、主体性を持って生きる

お義姉さん(義兄妻)と立ち話をしていたのですが、
姪と娘は物心つく前からよく遊んでいて、
今年はクラスも一緒になったので相変わらずよく一緒に遊ぶようです。

「毎回おままごとしてるよね~」
なんて二人で笑って話していた所。

そこにいた園長先生が、
ごっこ遊びはとても大事ですよ」
と話をしてくれました。

どんな遊びも”進化”する

園長先生が言うには、
「ずーっと全く同じ遊びをするのは無理なことなんですよ」
だそうです。

私たちから見ると同じままごとをしているようですが、
本人たちは日々考えて発展させているんだそうです。

確かに、
最初はただお皿に食材を乗せるだけでしたが、
今は
「私はお母さんね」
とか役を決めて遊んでいたりします。

お店屋さんごっこになったり、
お家ごっこになったり。
言うことも一丁前ですし、
ごっこ遊びを通して普段の生活も垣間見えてしまいます。

ただままごとをしているようで、
子供たちは思った以上に考えているんだそうです。

 

例えば、
お店屋さんごっこをしていたとして。

最初はお客さんが来ますがそのうち来なくなることもあります。

そんな時、
“どうしたらお客さんがまた来るようになるのか”
ということを考えるようになって欲しい、
と言っていました。

主体性を持つ

娘のこども園は、
今年度から認定こども園として国から正式に認可が下りました。
(今まではなんちゃってこども園)

その為なのか、
カリキュラム(保育教育課程)が統一されました。

四月の保護者会にて説明があったのですが、
目指すのは

健康で元気
心豊かで思いやりがある
自分で考え行動する
だそうです。

詳しくは市のHPで確認出来るようになっています。

この中で、
自分で考えて行動をする
ということに特に重きを置いているとのこと。

先のお店屋さんの例もそうですが、
先生が
「じゃあこうしてみたらどうかな」
と言えば手っ取り早いです。

ですが、
それだと子供たちが考えたことにはなりません。

あくまでも子供たち自身が気づかなければ意味がないのです。
その為に先生は”手助け”をするのだそうです。
子供たちが気づけるようにヒントを出す感じです。

 

保護者から見ると先生が答えを教えず何もしないように見えるかもしれませんが、
そういう方針なのだと保護者さんの方も考えを変えてくれるとありがたい、
と園長先生は言っていました。

保育士さん達も方針が変わった為に手探りな所もあり、
行き届かない所もありますが頑張ります、と。

そういう考えをしっかりと話してくれるので、
こちらとしても納得できますし、
ちゃんと考えてくれているんだな、と安心もしました。

今からの積み重ねが大事

自ら考えて行動する。

これは今からコツコツと積み上げていくことで、
将来社会に出た時に必ず役に立つことです。

指示待ちでは仕事はできません。
自分の意見を押し付けるだけでは上手くいきません。
人の意見を聞くだけでも然り。

両方がバランスよく身についていることで、
後々の為になるということです。

ある意味今から訓練していく感じでしょうか。
小さいことから主体性を持って対応していくことで、
考えられる人間になっていく。

それには幼少期から積み上げていくのが大事です。
考え方の癖付けをしていく感じでしょうか。

 

家だとつい、
「だったらこうしたらいいじゃない」
とか言ってしまってました……!

それは私の考え方であり、
娘が自分で考えて導き出した答えではありません。

なかなか難しいかもしれませんが、
彼女が気づいてひらめくように
そういう方向へ持っていけるような声掛けをしていきたいと思います。

親も日々勉強だなぁ。

子供への対応について

前の園長先生は”見守る”感じでしたが、
今度の園長先生は”ぐいぐいくる”感じです。

子供の褒め方講座とか前の園でやっていて好評だったので、
こちらでもやりたいなと思っています。
どうですか?

なんて聞かれたので、
勿論参加したいです!」
と即答ですよ。

保護者とのコミュニケーションも重視しているようで、
日付が決まったら声かけてくれるそうです。

忙しい方や興味のない方もいるかと思いますが、
私自身はこうして園のことを話したり、
子供の教育について話を聞くのは好きなので、
願ったりかなったりです。

 

こども園、やっぱり楽しいです。

娘が楽しく行っていることが何よりですが、
私自身にも学習目標(という程のものではないですが)を持って、
彼女自身が人生を実りあるものにする手伝いをしたいなと思っています。

 

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました