頻尿改善の為に泌尿器科に行ったら、娘の腎臓に病気があることが分かりました。

子供たち 子供たち

娘の頻尿に悩んでおりまして。

担任の先生と園長先生と相談をして、
泌尿器科に行ってきました。

泌尿器科にて分かったこと

去年新設された泌尿器科。

(当たり前ですが)新しくてすっごく綺麗!
受付の方も感じが良く、
先生もしっかりと説明をしてくれました。

問題はあるのか

まず、採尿です。

尿に問題はなく、
いたって綺麗な状態
とのこと。

その後、
超音波検査をしました。

膀胱とか腎臓とかを見せてくれて、
後で写真を頂いたのですが……。

このエコー写真みたいなやつ、
どうしよう!?

とりあえず、
膀胱も奇形などもなく綺麗な状態で、
問題なしとのこと。

そして、腎臓

左側に病気が見つかりました。

腎盂尿管移行部狭窄

医師が曰く、
左の腎臓が

先天性腎盂尿管移行部狭窄
だそうです。

せんてんせいじんうにょうかんいどうぶきょうさく

――なんじゃそりゃ?

腎盂尿管移行部狭窄とは、腎臓から尿管に流れ出す部分(腎盂尿管移行部)が先天的・後天的に狭くなって、尿の流れが悪くなること

だそうです。

流れが悪くなるので尿が溜まり、
腫れてしまうと腎臓の機能に障害となってしまうようです。
そうなると、手術だそうで。

どうやら娘の場合は生まれつきなようです。
泌尿器科に行かなかったら、
絶対知らないままだったな、これは。

今の所4段階の1段階目なので、
すぐにどうこうという話ではなく。

ただ、この先どうなるのか分からないので、
年に一度は定期検診を受けて下さい、と。

このまま何事もなく成長すればよいのですが、
こればっかりは何とも分かりません。

痛みが出たらすぐに病院へ行くようにしようと思います。
娘にも説明しておく必要がありそうです。

問題点

腎臓のことはさておき、
娘の頻尿の問題点が分かりました。

どうやら、
尿をしっかり貯められないようです。

五歳くらいだとだいたい、
200ml位尿を溜めておくことができるそうです。

が、娘は、
50ml位溜まるとトイレに行きたくなってしまうのです。

脳の指令の問題なのか、
膀胱が未熟故なのかははっきりとは分かりませんが、
とにかく、
少し尿が溜まるとトイレモードに入ってしまいます。

 

少しでも我慢ができるようにするため、
トイレはギリギリまで行かないように
と言われました。

でもこの
“ギリギリ”が結構難しい。。。

娘の感覚だととても分かりにくいのです。

なので、
担任の先生が言っていた
視覚からだと入りやすい
を実行してみました。

娘がトイレに行きたいと言ったら、
まず、一分我慢してもらいました。

それができたら、
時計の長い針を見て、
「今1のところだから、2の所まで我慢してね」
と、五分我慢。

時計の針で視覚的に見ることで、
娘も分かりやすいのか我慢することができました。

まずは、五分我慢。

次の時は、
五分我慢してから、
もう五分。

もう無理―!
とトイレに駆け込むこともありましたが、
十五分位我慢できることもありました。

何より、
娘が自分で時計を見て、
「じゃあ今から、9の所まで我慢してみるね」
と、自らやってくれました。

ちょっとだけゲーム感覚でやってみたら、
結構娘も頑張っていました。

徐々に時間をのばして、
尿を溜める量を増やしていけたらいいのですが。

医師も言っていましたが、
ゆっくりと治していく予定なので、
ゆる~く我慢をさせてみようと思っています。

ちょっとずつでも尿を溜められる量が増えれば、
そのうち治るんじゃないかな……。
と、思いたい。

 

二週間後にまた病院へ行きますが、
それまで、
トイレの時間や量などデータを取らないといけません。

改善に向かうと良いのですが。

余談

娘の一年上にも同じような悩みの子がいて、
その子は隣の隣の市の、
小児精神科に相談に行ったとのことです。

その精神科を園長先生から聞いて調べてみたのですが、
発達に関することなら何でも相談オッケーだそうです。

そもそも私、
小児精神科っていうものを知りませんでした。

とりあえずもう一度担任と園長と話てみて、
そちらにも相談に行くのか考えようと思います。

個人的には、
相談に行きたいなって思うんですけれども。

 

 

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました