息子の試練。心配ですが見守る気持ちで応援します。

子供たち 子供たち

息子がこども園に行くようになり、
ふと気が付くと一人。

ちょびっとだけ寂しいですが、
何より身軽なのは嬉しい。

心配しないのは無理

とうとう息子も年少。

登園、どうなんだろう!?

と、
半ばわくわく感でいっぱいだったのですが。

 

――まさかの号泣、でした。

試練

初登園は、全く平気でした。

バイバイと元気よく手を振ってくれ、
私をちらりと見ただけで、
さっさと遊びに夢中。

ん??

と思ったものの。
次の日。

多分、
“母ちゃんがいない”というのを身をもって分かったんでしょうね。
(何度も説明していたのですが)

リュックと園服と帽子を投げ捨て、
「これいらない! 僕行きたくない! うわぁぁぁぁぁぁ~~~」

ですよ。
登園拒否かよ。

それでも、
お姉ちゃんに園服を着せてもらいリュックを背負わせてもらい、
大人しくこども園まで行ってくれました。

まあ、教室前で泣き出しましたがね。

そんな感じで、
毎日別れる時に号泣で一週間終わりました。

 

他のママさんに、
「息子君、あんまり泣かないと思った。外の駐車場まで泣き声聞こえたよ~」
とか言われてしまったり。

行かない、
と言う割にはこども園にはちゃんと行きます。

この辺り、
娘と同じで真面目な部分なのかも。

自由人

号泣しますが、
遊び始めるとケロリなようです。

特に外遊びは大好きなので、
ぱーっと走って行ってしまうようで。

若干、切り替えが出来にくいようですが、
一応それなりに話は聞いている……ようです。

給食も、
とりあえず一口は食べるそうです。
野菜もダメかなと思ったのですが、
それなりに頑張っているようで。

コーンなんて見ただけでいらないって言っていたのですが、
先生に促されて、
コーンチャウダーを食べたそうです!

え、何、
頑張れば食べられるんじゃん。

家でも食べてよ~~~。

 

ただ、あいかわらずふわふわしているみたいです。

勝手に年長のお姉ちゃんの教室に行ったり、
(娘が年少の教室まで送って行ってくれたようです)
給食中に、
「僕もういい!」と何度も立ち上がるので、
その度に注意を受けたとか。

帰りのお迎えを待つ時も、
いつの間にか園庭で遊んでいて、
(基本は教室で待ちます)
先生があれ? いない!
と慌てて探したり。
(リュックしょって水筒かけたまま遊んでた……)

なんていうか、自由に過ごしているようです。

 

あと、息子がブランコに乗っていて、
先生が後ろから背中を押してくれたそうです。

そしたら息子、
ちょっとぉ、押すなよ~~!」(原文ママ)
って、言った、らしい。

先生、爆笑してた。。。

 

 

別れる時は泣くものの、
その後は遊べるようなので、
まあ大丈夫かな。

帰ってから眠そうでしたが、
「眠くない! 昼寝しない!!」
と頑なに昼寝拒否されました。

お風呂の後、いつの間にか寝てましたが……。

 

来週はどうなのかな。

本人は「がんばる」と言っているので、
頑張れと背中を押そうと思います。

 

娘と息子が一緒にこども園に行くのは、
何だか感慨深いです。

 

 

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました