モンテッソーリ教育とは? 子供が自立するために、家庭でできることって何だろう。

子供たち 子供たち

子育てって、楽しいですか?

正直、
私は辛いなー、
と思うことがあります。

モンテッソーリ教育について考えてみた

さて。

モンテッソーリ教育“というのは聞いたことがあったのですが、
何ぞや? というと全く解りませんでした。

ネットで調べても情報そのものは多いものの、
いまいち理解できず。。。

こういう時は本だ!

ということで。

マンガでやさしくわかるモンテッソーリ教育」を読んでみました。

 

マンガなら分かりやすいかな、と。
(かなり読みやすかったです)

モンテッソーリって何?

何となく聞いたことがある言葉。

モンテッソーリ教育というと、
有名な方が受けた教育法というイメージ、です。

モンテッソーリ教育は、イタリアで初めて女性医学博士となったマリア・モンテッソーリが、障害児教育を経て、すべての子どものために確立した科学的教育法です。

百年以上の歴史を持つ教育法です。

 

教育というと、
大人の目線で将来のことを考え、
ああした方が良いと伝えたり教えたりすることだと思ってしまいますが。

モンテッソーリ教育は、
子供を観察して得た子供が望む教育をすること、です。

子どもには自己教育力があることを信じ、子どもがやりたがることを、大人の迷惑にならない方法で、心ゆくまでさせてあげられるように援助すること

とのことです。

ポイントを知り、良き援助をしましょう。

ということだそうです。

モンテッソーリ園

モンテッソーリ教育を受けるには、
モンテッソーリ園に通うのが良いそうです。

全国に何校もあります。

モンテッソーリ教育を取り入れた幼稚園などは結構あるのですが、
流石に我が家は田舎ですし、
通える場所にはありませんでした……。

あったら絶対入園させたかったな~。

 

モンテッソーリ教育の目的ははっきりとしていて、

平和を愛する調和のとれた人格を育てること

としています。

平和? スケール大きくない?
と正直思いました、が。

子ども自身の力を信じて援助をすることで、
心に平和が生まれる。
それこそが自立して幸せな人となる。

まさに、親が望む”幸せになって欲しい“の究極系なのかと。

 

確かに。

そんな人間になってくれたら嬉しいです。

家庭でモンテッソーリ教育はできるのか

モンテッソーリ教育は、
モンテッソーリ園でしかできないのか。

特殊な教具を使い、
それを訓練を受けた教師が扱う。

……うん、家では到底そんなこと出来ません

では、モンテッソーリ園に通うしか方法がないのか。

家庭でできないこともあります。
ですが、家庭でもできることもあるんだそうです。

モンテッソーリが発見した子どもの見方と授け方に基づいて、子どもを見る、子どもを援助する。
それこそが、おうちでできるモンテッソーリ教育なのです。

つまり、理念さえ理解できれば実践することができる、ということです。

その為の実践方法が、
この本には分かりやすく書いてあります。

観察をする、ということ

何気なくやっている、子どもの行動。
ここに彼らが”やるべきこと”があるのだとしたら?

子どもの行動を”観察する”こと。

先入観を捨て無心になり、
わけのわからないことをしている、
ではなく。

何のためにそれをしようとするのか考えてみる。

勿論、今までも子供たちのことは見ていました。

何か始めたな~、楽しそうだな、とか。

でも、それが
何のために?“と考えたことはありませんでした。

一見、ん? と思うようなことの中ににも、
子どもの成長するための何かがあるのだということ。
そんなことを考えたこと、なかったです。

でも、よく観察してみると、
何度も何度も繰り返してやることがあります。

無意味に見えるのですが、
その繰り返すことで、
自分自身を作り上げている。

 

少し前から、息子は同じ言葉を何度も繰り返し言っていました。
正直、
「またか~」
と少々面倒くさく思っていました。

でも、
何度も同じ言葉を言う必要があったんだと思います。

それは、自分が納得するためであり、
言葉の使い方を習得するためであり、
コミュニケーションをとるためだったのかもしれません。

そう考えていくと、
子どもの行動、言動に無駄なことはないのかもしれません。

何度も同じ対応をするのはしんどいこともありますが、
よっしゃ、付き合ってみるか、
なんて思うようになりました。

 

その他、
“敏感期”や”秩序感”、”正常化”など。

色々なキーワードがあって、
「何これ、面白い!」
と思いました。

最初はモンテッソーリ教育って何ソレ?
だったのですが、
かなり興味深いものに変わりました。

入門書としても、
マンガでやさしくわかるモンテッソーリ教育」はかなり良いと思います。

 

全てを実践することは難しいですけれど、
子どもたちを観察して、
良き援助をしていきたいです。

少しでも子育てが楽しくなったらこれ程嬉しいことはありません。

 

 

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました