小学校の体験へ行ってきました。娘の性格について、小学校側に話ができました。

子供たち 子供たち

娘の友達に、
娘ちゃんのお母さん、笑うと娘ちゃんにそっくりだね!
と言われました。

……ええっ、そうなの!?

あまり娘と似ていると言われないので、
少々驚いてしまいました。

なんだろう、
笑い方が似ているのかな。

ちなみに息子は、
生まれた時から夫にそっくりで、
今まで誰からも、
「どう見てもお父さん似だよね」
と言われる位夫に似ているようです。

私の要素、何処へ?

小学校の体験に行き、先生と話すことができました

先日、
小学校のミニ体験に行ってきました。

娘は児童精神科で、
緊張の強い性格』と言われています。

 

 

新しい環境が苦手です。
事前にあれこれ考えてしまうようなので、
とりあえず、
『小学校』という場所を見てみよう
という感じで行ってきました。

場所を知る

娘は小学校へ行ったことはありません。

上の子がいれば何かと行くこともあると思いますが、
行く機会もなく。。。

こども園の方でも散歩がてら前を通ることがあったり、
去年はマラソン大会を見に行ったりしましたが、
校舎内に入ったことはありません。

今回は校舎内にも入るまたとないチャンス、です。

実は私も入ったことがないので、
二人でドキドキで行ってきました。

小学校の校長先生、
教頭先生、
カウンセラーの先生、
それに支援級の先生もいました。

まず最初に支援級のクラスを見せてもらいました。

支援級の先生が個別に見ていて、
結構しっかりとやっている感じでした。

聞けば、
校長先生も支援級の知識があるそうで。
かなりきめ細かくその子その子に合わせているようでした。

支援級の中にも相性があり、
相性が良くない子同士はクラスを分けているとか。

 

次に普通級の一年生の授業を見学しました。

丁度、せいかつの時間でした。
先生が質問をするのですが、
「これって、どうなった?」
「そう、で、これはどうすればよかった?」
と、
生徒が考えるように質問している感じでした。

ただ問題の答えを言うのではなく、
どうしたらよいのか、
どうすべきなのか、
自分たちで考えるように促していました。

小学校も学習要項が変わってきているんだな、と。

じーっと見ていた娘は、
おもしろそう、やりたい!
と言っていました。

まあ、やる気があるのは良いことだと思います。

案外大丈夫そう?

ざっと見た感じ、
多分娘はどうにかなりそうかな、と。

児童精神科の先生も言っていましたが、
入ってしまえばできそうです。

問題は、
その前の段階ですな~。

小学校に入る前に、
あれこれ考えたり心配になったりして、
緊張して、
また体に不調が出てくるかも……しれません。

今の所は、
「早く小学校に行きたい」
とか言っていますが。
冬頃にはまた想像力が膨らみすぎるかもしれません。

あれこれ心配しすぎてもどうかと思うのですが、
つい……。
もう少し私自身もおおらかにいきたいものです。

小学校側と話ができました

運動会の練習風景などあれこれ見学させてもらった後、
丁度そこにいた教頭先生と話ができました。

娘の性格について話しておけたので、
少しだけほっとしました。

やはり、
運動会や発表会の前など、
要所要所で何かしら出るかもしれませんね、
と言ってもらえましたし、
こちらとしても情報が伝わっているだけで安心できます。

小学校側でも娘の性格を理解してくれていれば、
対応を考えることもできますし。

小学校へはいつでも見学に来ても良いですよ、
と言ってくれました。
相談もいつでも受け付けます、と。

入学式も前日に体育館に来て実際に椅子に座って、
ここでやるのか~、
と事前体験もオッケーだそうです。

少しずつ小学校のことを知って、
ひとつでも娘の心配が減れば良いなと思っています。

 

今回の体験は、
集団生活がどういうものなのか見る機会にもなって、
本当に良かったです。

 

 

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました