何言ってるのかわかんな~い、と思ってしまう。

子供たち

今日はうっかり、息子と昼寝したら午後が潰れました。
ゴロゴロしているといつの間にか寝ちゃってるのよね。
片付けが進みませぬ~。

何を言っているのか分かる率は50%以下

さて、息子は二歳を過ぎて二語文まで出るようにはなったものの。

発音なのか滑舌が微妙なのか、みょうちきりんな言葉を話します。

「でんき」はどう聞いても「ぅんち」だし。
(※電気を指さしているので彼は電気と言っている)

「かがみ」はどう聞いても「ばばみ」だし。

まあ、娘も小さい頃は「ラムネ」を「まねちち」って暫く言ってたからな。
何繋がりなのかよくわからない言葉を喋るのは面白いですよね。

あ、でも。
アンパンマンが、
マンマン→アンマン→アンマンマン→あんぱんまん、にやっとなりました!

そうそう、ドキンちゃんの声優さん……ご冥福をお祈り申し上げます。

息子は散歩が大好きで、道を歩くと「ふみきり」「かがみ」「でんちゅう」を全部指さして大声で誇らしげに言います。
外に出ると、「ふみきり (見に) いく」と人の手を引っ張ります。
風びゅーびゅーのくっそ寒い中でもさあ行くぞやれ行くぞで、母ぐったり。
とりあえず、2km位は歩けるようになりました。

最近は、信号機と標識を覚えたようで、そんな感じのことを言います。

色も少しずつ分かってきたようで、青、赤、緑、黄色は言えるかな。
目下、黒を覚え中。

そんな感じで良く喋るのです。
が。
まるで会話をするようにべらべらと喋るのですが。

……何を言っているのかさっぱりわからないことが多いです……。
よぉく聞いても??となること多し。

一応コミュニケーションは取れてはいるのですが、たまに伝わらなくて怒られゴメン、となっています。
案外あっさりしているところもあり、癇癪を起してもすぐに持ち直したりするのですが。

この点、娘の方が(今でも)泣くと長いかならー。
転びでもしたら、この世の終わりのごとく泣いていましたから。
うわーんと泣いてすぐにケロリの息子には助かっています。

もう少し息子の言っていることが分かるようになれたらいいな、と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました